FC2ブログ
2015
07.19

Big Reactors 解説? その1

Category: minecraft
SkyFactory2というMODPACKで触れる機会があったから解説書いてみようかなーなんて
と言ってもまぁ…そこまで詳しく書けるわけじゃないんですが

Big Reactorsとはマルチブロックタイプの発電機で、
これといったデメリットもなく大容量発電が可能である。
(将来的にコンフィグでデメリットの有無を変更できるようにするらしい)
エネルギーの種類はRF

ちなみに発電機以外の機械や導管といった物は含まれないため
このMOD単品だと用途がありません。


MODバージョン
BigReactors 0.4.3A
CoFHCore 3.0.2-262


このMODで追加される鉱石

・Yellorite Ore(イエロライト?)
yellorite ore → yellorium ingot
精錬するとYellorium Ingot(イエロリウム?)になる
各パーツの材料だったり燃料だったりで沢山必要
自然生成数はやや少なめ
工業MODによくある粉砕機等で倍化できる

・Graphite Ingot(グラファイト)
graphite ingot
石炭or木炭を精錬するとできる
各パーツの材料

・Cyanite Ingot(シアナイト?)
cyanite ingot
リアクターの燃料に使用したYellorium Ingotがこれに変化する
Yellorium Ingotを砂とクラフトすることでも作成可能
タービン発電機の各パーツの材料


各リアクターパーツ

・Reactor Casing
reactor casing
リアクターの外郭
リアクターの枠部分はこのパーツを使用しなければいけない
一部パーツの材料にも使用

・Reactor Glass
reactor glass
リアクターの外郭
Reactor Casingの代わりに使え、中が覗ける
(枠部分には使えない)

・Yellorium Fuel Rod
yellorium fuel rod
中にYellorium Ingotが格納される
(1ブロック当たりYellorium Ingot 4つ)

・Reactor Control Rod
reactor control rod
GUIから燃料棒の使用率を制御できる
リアクターの上面にYellorium Fuel Rodと繋がるように配置する

・Reactor Controller
rector controller
リアクターの各種情報の確認や設定に必要

・Reactor Access Port
reactor access port
Yellorium Ingotの供給口
Cyanite Ingotの排出口

・Reactor Power Tap
reactor power tap
発電した電力の出力ポート

・Reactor Coolant Port
reactor coolant port
このパーツを使用するとリアクターは発電をしなくなり、
代わりにタービンを動かすための蒸気を生成するようになる。
詳しくはタービン編で

・Reactor Redstone Port
reactor redstone port
GUIからリアクターの状態(温度や蓄電量など)によってレッドストーン出力の設定が可能

・Reactor RedNet Port
MineFactoryReloadedのRedNetに対応したポート
MFRについては詳しくないので割愛

・Reactor Computer Port
ComputerCraftのプログラムでリアクターを制御するためのポート
ComputerCraftについては詳しくないので割愛



続いてリアクター作成(最小構成)


最小構成のリアクターに必要な物
(Big Reactors Wikiの内容そのまま)
・Reactor Controller x1
・Reactor Power Tap x1
・Reactor Access Port x1
・Reactor Control Rod x1
・Yellorium Fuel Rod x1
・Reactor Casing x22

1段目
minimum ractor 1
Reactor Casingを3x3に配置

2段目
minimum reactor 2
四隅にReactor Casing
中央にYellorium Fuel Rod
側面にController、Access Port、Power Tapを1つずつと空いた部分にReactor Casing

3段目
minimum reactor 3
Yellorium Fuel Rodの上にReactor Control Rod
他をReactor Casing
ちゃんとできていれば見た目が変わります

あとはAccess Portから燃料(Yellorium Ingot)を入れて
import yellorium

Reactor ControllerのGUIからアクティベート
minimum reactor activate
最小構成だと発電量は大体250RF/tickです

あとはReactor Power Tapに導線を繋いでバッテリーに送るなり機械に送るなり。
リアクター自体にも1000万RF貯蓄できます(大きさに関係なく1000万)

放射能マークや温度などが気になると思いますが、
現在は放射能や爆発と言ったデメリットはありません。
温度が高いと燃料棒の消費(YelloriumがCyaniteに変化)が増える程度です。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top